レフアナニ佐竹逝去より10年

ウェブサイトを見直していたら、思わず「もう10年か…」と感嘆してしまいました。時間が経つのは本当に早いものですね。

私のフラの恩師、レフアナニ佐竹先生が2013年4月5日に逝去されました。もう2023年。10年が経つというのは、一つの区切りを感じさせられます。特別な年忌法要はありませんが、昔から10年は人生や歴史において重要な区切りとされてきました。

10年前、私は柏で教室を開業し、すべて順調に進んでいるように見えました。しかし、誰もが予想しなかったことが起こりました。コロナパンデミックが社会情勢を一変させ、人々の価値観も変えてしまいました。

「一寸先は闇」という言葉が頭に浮かびます。先人たちの教えが今でも意味を持つことを実感します。

この記事では、佐竹先生への思いを馳せながら、過去から未来への考えを共有してみたいと思います。

そんな事を思いながら佐竹先生に思いを馳せ、記事にしてみました。