ハワイの歴史年表

ハワイの歴史は、古代ポリネシア人の到着から始まり、西洋人の発見、王国時代、アメリカ合衆国への併合、そして現代に至るまでの複雑で豊かな物語を含んでいます。

  1. 古代時代(紀元後300年頃 – 1778年)

    • 紀元後300年頃: ポリネシア人がハワイ諸島に到着し、独自の文化や社会システムを築き上げる。
    • 1000年頃: タロイモやサトウキビなどの農耕が始まり、定住生活が発展。
  2. 西洋の接触前夜(1778年 – 1795年)

    • 1778年: ジェームズ・クック船長がハワイ諸島を「発見」し、ヨーロッパとの接触が始まる。
    • 1782年 – 1795年: カメハメハ大王が諸島を統一し、ハワイ王国が成立。
  3. ハワイ王国時代(1795年 – 1893年)

    • 1819年: カメハメハ大王が死去し、カメハメハ2世が王位に就く。
    • 1820年: 最初のキリスト教宣教師が到着。
    • 1848年: 「マヘレ制度」による土地の私有化が進む。
    • 1875年: アメリカとの砂糖貿易に関する条約が締結される。
  4. アメリカ合衆国への併合(1893年 – 1959年)

    • 1893年: アメリカがハワイ王国を転覆し、共和国が樹立される。
    • 1898年: アメリカ合衆国がハワイを併合。
    • 1941年: 真珠湾攻撃により、アメリカが第二次世界大戦に参戦。
  5. 現代のハワイ(1959年 – 現在)

    • 1959年: ハワイがアメリカ合衆国の50番目の州になる。
    • 1978年: ハワイ州憲法が改正され、ハワイアン文化と言語の保護が強化される。
    • 1993年: アメリカ合衆国がハワイ王国併合の違法性を認め、謝罪。

ハワイの歴史は、先住民の文化と外来文化との融合、政治的な変動、そしてアメリカ合衆国との関係により形作られてきました。現代ハワイは、その多様な文化と自然の美しさで知られ、世界中から多くの観光客を引き寄せています。